MENU

2016/07/25 10:54:25 |
学生の方でも消費者金融の利用可能で、怪しげな学生ローンではなく大手の消費者金融での借り入れも可能となっています。大きな金額は借りられませんが、5万円~10万円程度であれば審査の結果次第では借り入れができる可能性があり、急なお金のピンチでも助かります。ただ、学生なら誰でも借りられるかと言えばそうではなく、ほとんどの消費者金融では20歳以上の方、さらにアルバイトなどによる安定した収入を必要条件としています。未成年や自身でアルバイトなどによる収入を得ていない学生では利用ができないので、申し込み前にしっかりと確認をしておく必要があります。あわせて気をつけておきたいのが、審査通過に必要となる信用情報の状...
2016/07/25 10:54:25 |
カードローンを借り換えとして使うのであれば、金利を中心とした返済負担にはとくに注意をしておきたいものです。金利負担が軽くならないと借り換え自体の意味が無く、毎月の返済金額に関しても良く見ておかないと負担が大きくなる可能性があります。借り入れ先によっては金利が下がっても約定返済金額が大きく、毎月の支払い金額が多くなってしまう場合があります。金利が下がって一回あたりの返済金額が大きくなればそれだけ完済が早まり、最終的な支払い総額は減らせるのですが、借り換えの目的が毎月の返済金額の縮小であった場合には、希望通りの借り換えとはなりません。借り換えとしてカードローンを利用する際には様々な点を見なければな...
2016/07/25 10:54:25 |
配偶者には安定した収入があっても、自身では収入を得ていない専業主婦の方がカードローンを利用する際には、絶対に覚えておく、抑えておくべき点があります。確認を怠るとカードローンの利用ができないので、お金を借りたい専業主婦の方は要確認です。まず基本として現在の貸金業法では、専業主婦の方が配偶者に内緒で消費者金融からお金を借りることは現実的に不可能です。そもそもが大手の消費者金融は本人が安定した収入を得ていないと申し込みができないため、専業主婦の方は対象から外れます。貸金業法の総量規制の例外となる「配偶者貸し付け」であれば専業主婦の方でも借りられますが、認めている消費者金融でも配偶者の同意と確認が必要...
2016/07/25 10:54:25 |
カードローンをおまとめローンとして利用する際には、利用権冬至に注意をしておきたい点があります。コツといったものではなく基本的なこととなるのですが、おまとめローンの利用は正常な返済が行えている方に限定されるため、既に返済ができなくなってしまっている状態ではおまとめローンでの借り入れは行えません。おまとめローンはあくまで借り換えの借り方となり、払えなくなった借金を整理する手続きとは異なります。借りた後には正常な返済を進めなければならないので、今現在の時点で返済ができなくなってしまっている方へは貸付を行わないのが一般的です。逆に、返済ができなくなっている方に対しておまとめローンの利用が可能とするよう...
2016/07/25 10:54:25 |
とにかく急ぎで現金が必要な場合には、カードローンを利用するとしても最短即日融資に対応をしているかが重要となります。申し込み当日に借りられる可能性がある即日融資に対応するカードローンなら、急な出費であっても希望内容に近い借り入れができる可能性があるためです。即日融資で借りるとなると消費者金融を中心としてみておく必要があり、一部の銀行では土日でも最短即日の利用開始、つまり即日融資も可能としていますが、審査基準が厳しいために借りられない可能性が出てきます。もちろん消費者金融でもしっかりとした審査は行われていますが、それでも銀行に比べるといくらか基準は低くなるので、利用がしやすいといえるのです。早くに...